athome
×
LiVES
愛車とのミニマムライフを楽しむ ガレージ付き賃貸住宅
ドアを開けると「ドゥカティ・749R」が出迎える1階ガレージ。自転車も複数台置ける広さ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.11.08

愛車とのミニマムライフを楽しむ
ガレージ付き賃貸住宅

下町風情が親しみを漂わせる武蔵小山に建つ、新感覚の複層長屋。マルチユースなガレージとシンプルな空間で満喫する、単車を愛でる暮らし。

TRIP
04

東京都内最長を誇る商店街「パルム」をはじめ、いくつもの商店街が賑わう武蔵小山。
町工場も多く、下町の風情を漂わせる親しみやすい街だ。
そんな武蔵小山の駅から徒歩4分の場所に建つ、メカニカルな外観の集合住宅。
細長い路地に面して並ぶ、倉庫のようなスチール製のドアの一つを開けると、目に飛び込んで来たのは真っ赤なイタリアンバイク。この部屋に暮らすSさん(26歳)の愛車「ドゥカティ・749R」だ。
「最初は400ccのドゥカティ・モンスターに乗っていたのですが、よりドゥカティらしい大型車に乗りたくなって。 大型免許の取得前に今の愛車に出会って即購入し、3カ月後に晴れて大型免許を取得しました。 以前の家では屋根のない屋外駐車場に停めていたんですが、風が強い日にカバーが吹き飛び、 車体が倒れて大破損してしまったんです」
Sさんは慌ててガレージ付き物件を探し、出会ったのが現在暮らす『ガレージスペック武蔵小山』だった。

路地のようなアプローチに面して倉庫のような扉が並ぶ。照明や部屋番号も工場を意識。
路地のようなアプローチに面して倉庫のような扉が並ぶ。照明や部屋番号も工場を意識。
ロフトから3階を見下ろす。壁のセパ穴にフックを付け、カバンの収納に活用している。
ロフトから3階を見下ろす。壁のセパ穴にフックを付け、カバンの収納に活用している。
物件データ 所在地:東京都品川区小山 
床面積:22.85m²~35.27m²
設計:イカダ・デザイン・アトリエ idea1997.net+清水建築設計店
shimizu-a-workshop.com

「ガレージスペック武蔵小山」への
お問合せ/環境ビジネスTEL03-3445-0342

「同じ屋根の下で愛車とともに暮らす安心感は格別。気が付くとちょこちょこ磨いていたり、こまめに手入れができるし、毎日帰宅するたびに、思わず眺めてしまいますね(笑)」
1階にマルチに使えるガレージを備え、上階が生活空間という間取りのガレージスペック武蔵小山。
Sさんの部屋はトリプレットタイプで、最上階にはロフトも付いている。
専有面積は28m²とコンパクトだが、「この部屋に引っ越すにあたり、ベッドやテーブル、ソファ、 本などを思い切って手放しました。 必要最低限のものと空間での暮らしはかなり快適です。 面積的には以前の家より狭くなりましたが、天井が高くて開放感があるので苦になりません。 トリプレットというのも使い勝手がいいですね。2階は丸ごと洋服を置くスペースにしていますが、 空間の使い分けがきちんとできるので気に入っています」

最上階はダイニングキッチン。はしごの上はロフトで、その下にバスとトイレがある。
最上階はダイニングキッチン。はしごの上はロフトで、その下にバスとトイレがある。
1階ガレージにもシェルフを標準装備。可動式で、設置位置や棚の幅の調整も可能だ。
1階ガレージにもシェルフを標準装備。可動式で、設置位置や棚の幅の調整も可能だ。

今後は、打ちっ放しコンクリートの壁面にあるセパ穴を利用してテレビを壁掛けにしたり、 棚を取り付けたりと、少しずつカスタマイズしていきたいと話すSさん。
要るものと要らないものの足し引きを楽しみながら、ライフスタイルを見極めていく。
愛車とのミニマムな暮らしを叶えるコンセプチュアルな住まいは、住む人を「暮らしの達人」にしてくれるようだ。

text_ Takako Yoshida photograph_ Akira Nakamura

HOMETRIP Styles of living

備え付けのハンガーパイプとシェルフがある2階部分はクローゼットとして使っている。 キッチンもコンパクトだが、ガスコンロは2口。Sさんは休日に料理をすることも多いという。
  • <
  • /
  • <
close
prev
next
athome
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。