athome
×
LiVES
家事や仕事をしながら子どもたちの成長を温かく見守る育児に優しい家づくり
スキップフロアで1mほど高くなったリビング。手すりや窓台は子どもたちの格好の遊び場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.09.20

家事や仕事をしながら子どもたちの成長を温かく見守る育児に優しい家づくり

遊び盛りの子どもたちが伸び伸び過ごし、その様子がアトリエやキッチンにさりげなく伝わる、子育てしやすい住まい

TRIP
53

長年、賃貸アパートに住んでいたNさん一家。約2年前にそろそろ家を建てようとご夫婦で話し合い、神奈川県厚木市内に土地を探し始めた。
厚木市はご主人の通勤に便利なことと、子どもの医療費が中学生までは無料だったり、2人目からは幼稚園の補助金がもらえるなど、子育て支援がとても充実していて、暮らしやすいから選んだそう。

物件データ 所在地/神奈川県厚木市
面積/134.26m²
築年月/2016年2月
設計/前田工務店+N
maedakoumuten.jp
協力/すまいポート21

新興住宅地より昔ながらの街並みが好きだったご夫妻は、不動産会社が紹介してくれた毛利台の土地をひと目で気に入り購入する。設計の依頼先選びは、家を建てるためのあらゆるサポートをしてくれる「すまいポート21」を利用した。  「こんな家を、このくらいの予算で建てたいと希望を伝えると、「すまいポート21」と契約している工務店や設計事務所でコンペをしてくれるんです。私たちは5社でコンペをして、『自分たちに合った家を建ててくれそう』と選んだのが前田工務店でした」 とご夫妻は声をそろえる。

生活の場である母屋と離れから成り立つ一戸建て。外壁には太陽光で汚れを分解するスイス漆喰を採用
離れの1階はご主人のガレージ。バイク、登山グッズ、雑誌など、好きなものに囲まれた隠れ家のような空間

Nさんの住まいへの要望は大きく3つ。「細々とした部屋はつくりたくない」、「絵本作家、イラストレーター、デザイナーである奥さまのアトリエとご主人のバイクガレージが欲しい」、そして「アトリエやキッチンから、子どもたちの様子を見守りたい」ということ。  設計を担当した前田工務店の前田哲郎さんは、生活空間である母屋と、アトリエとガレージがある離れをつくり、この2棟を大きなデッキでつないだ。アトリエはデッキに面しており、窓からはデッキを介してリビングやダイニング、子ども部屋が確認できる。

子ども部屋はロフト付き。現在は壁を設けず2人で広々と使用。みんなでごろ寝ができる畳間にした
1階にある子ども部屋の前の廊下は、コンクリートブロックを並べ、路地のような雰囲気に

また、1階と2階の間に隙間をつくることで、奥さまが2階のキッチンで作業しながら、1階で遊ぶ子どもたちの姿が分かるように計画した。
 「どこにいても常に子どもたちの様子を把握できるので安心です。アトリエで仕事をしていても、窓を開けておけば声も聞こえてきます。伸び伸び遊んでいる気配が感じられて、居心地がいいですね」(奥さま)
手すりや窓台など、大人が考えもしなかったところに遊び場を見つけて、すくすくと育っている子どもたち。そこに向けられたまなざしは、とてもおだやかで優しい。

離れの2階にある奥さまのアトリエ。窓を開ければ、リビングや子ども部屋で遊ぶ声も聞こえる
2階フロア全体を家族が集まる場所に。リビング、ダイニング、キッチン、デッキが縦横につながる
text_ Sayaka Noritake photograph_ Akira Nakamura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HOMETRIP Styles of living

  • <
  • /
  • <
close
prev
next
athome
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。